子宮がんの手術に負けない!女性応援サイト  海藻成分フコイダンと管理栄養士のお食事アドバイス

がん治療とフコイダン

子宮にできるがんを「子宮がん」と呼び、婦人科系のがんの最も発生頻度の高いものです。
子宮にできるがんでも性質や治療法が異なり、子宮の頸部にできるがんを「子宮頸がん」といい、子宮の体部にできる
がんを「子宮体がん」といいます。


子宮頸がんの特徴とフコイダン

子宮頸がんのできる場所

がん検診の普及で、早期発見・早期治療しやすいがんですが、若年層の子宮頸がんは、進行が早く、がんの悪性度も高いため、若い年代から子宮頸がんの検診を行う地域も徐々に増えています。そのためがんが早期に発見できるケースも多く、子宮頸がんによる死亡率は年々減少しています。

子宮頸がんの原因は、まだはっきりわかっていませんが、患者さんの約9割に<ヒトパピローマウィルス>というウイルスの感染があることから、このウイルスとがんの関連性が挙げられています。


子宮頸がんのリスクとフコイダン

ヒトパピローマウィルス

良性腫瘍をつくるウイルスの一種で、80種類以上あるといわれています。そのなかのごく一部が子宮頸がんの発生に関与しているのではと考えられています。このウイルスは性行為で感染しますので、性行為経験のある女性は誰でも感染する可能性があります。しかし感染しても多くの場合、免疫のちからで数ヶ月で体外に排除できますが、一部の人は排除できず長期感染することがあり、子宮頸部の細胞に「異形成」を起こします。これも多くの場合はしばらくすると消えてしまします。

しかし、ウイルスが子宮頸部の細胞をまれにがん化させることがあり、これが子宮頸がんになるのです。

子宮頸がんの自覚症状

がんの初期の症状

がんの早期には、ほとんど症状がありませんので、年1回はがんの検査をうけるよう心がけましょう。

がんが少し進行した状態

月経時以外の出血、 「不正性器出血」や性行時の出血が起こり易くなります。おりものの増加などの症状がでるケースもあります。

がんが進行した状態

骨盤までがんが広がると、「腰痛」が起こることがあります。

子宮頸がんの自己検診と定期検診

子宮がんと手術

子宮頸がんは、がんの初期症状がなく自分で発見しづらいがんですが、定期的ながんの検診で早期発見が可能ながんです。

子宮頸がんの細胞診

子宮頸部の表面を軽くこすって細胞を顕微鏡で観察する検査です。短時間ですみ、痛みや出血もほとんどありません。この検査で子宮頸がんが疑われた場合は、さらに詳しく調べるがんの組織診が必要になります。


子宮頸がんの組織診

子宮頸がんの疑いがある場合は、子宮頸部の粘膜表面を観察しながら、さらに詳しい部分から組織を採取して顕微鏡で観察します。これで異形成(がんになる前の状態)なのか、上皮内がん(粘膜にとどまっている)、または浸潤しているがんかを区別します。この検査も短時間で終わり、ほとんど痛みはありません。出血はありますが何日かで治まります。


組織診でがんと診断されたら、治療法の決定のため、これらの画像検査を行います。これでがんの大きさや広がりの深さ、がんの転移の有無を詳しく調べていきます。

血液中のがん細胞から多くつくりだされるたんぱく質や酵素で判断します。がんの有無、進行状態を示す目安となりますが、腫瘍マーカーだけで判断するのではなく、がんの画像検査などを合わせて行います。
子宮頸癌の場合は、「SCC」 「CA125」 「CEA」 などを調べます。

円錐手術

子宮頸部を円錐状に切り取って子宮を残す手術です。がんの進行具合を調べるための検査としても行われます。

ごく早期ならこの手術で、がんが治る可能性が高いです。

レーザー蒸散術

異形成と上皮内がんが対象で、がんにレーザーで照射して蒸散させる方法です。出血や痛みが少なく、外来で短時間で済むため身体への負担が少なくてすみます。また、妊娠・出産への影響が少ないのが特徴です。しかし、浸潤がんが疑わしい場合は円錐手術の方が無難です。
光線力学的療法

レーザーにとても敏感に反応する「光感受性物質」を静脈注射してから、レーザーを照射します。光感受性物質は、がん細胞には正常細胞の10倍取り込まれやすく、長時間たっても排泄されにくいため、がん細胞にだけ高濃度で残ります。そのため、がん細胞だけをレーザー消滅させることができます。

欠点は、体内に残った薬が日光に反応してしまうため、レーザー照射後約3週間は入院し、日光に当たらない生活をする必要があります。この遮光管理を十分に行うことができれば、子宮はほぼ完全に残せるので問題はありません。また妊娠は可能ですが、光感受性物質の胎児への影響がまだ分かっておらず、がんの治療後1年は妊娠を避けた方がよいでしょう。

放射線治療 がんのステージがⅢ~Ⅳ期で手術ができない場合や再発した場合に行われるのが一般的です。「外部照射」と「腔内照射」を組み合わせて行い、約8~10週間の入院で行うことができます。
化学療法

抗がん剤はⅢ~Ⅳ期のがんに対して、放射線療法と同時におこなわれています。遠隔転移がある場合はQOL(生活の質)の向上が目的で行います。がんが4㎝以上の場合は転移している可能性が高いので、転移したがんを出来るだけ減らし、手術前にできるだけ子宮頸部のがんを小さくするために化学療法を行うケースがありますが、がんに対する有効性は明らかになっていません。

子宮頸がん治療後の生活とフコイダン

子宮頸がんの症状

閉経前の方が、子宮頸癌の手術時に卵巣を全部摘出してしまうと、更年期症状に似た症状が起こることがあります。
症状としてはのぼせ、冷え、頭痛、発汗などです。もし症状が起きてしまっても、薬で女性ホルモンを補い症状をおさえることができます。

子宮頸がんと便秘や排尿障害とフコイダン

広汎子宮全摘手術(子宮、子宮傍組織、膣、傍膣結合組織、卵巣、卵管、骨盤内のリンパ節など、広範囲を切り取る手術)の後遺症で、排尿障害や便秘になる方がいます。これは子宮頸がんの手術で排便機能を支配する神経を傷つけるため起こります。しかし近年はがんの手術技術の向上により、後遺症がでる人は全体の1/4程度です。また後遺症がでても、排尿障害は排尿訓練で、便秘は下剤で対処できます。

子宮頸がんによる足のむくみを解消するフコイダン

子宮頸がんが転移したリンパ節を切除すると、リンパ液の流れが滞り、下半身とくに足がむくむことがあります。がんの手術直後にでる方もいれば、しばらくたって出る方もいます。対策としては、長時間立ち続けたり、座ったままの作業は避け、マッサージをしたり、体を動かすようにしましょう。寝るときもお尻より高い位置に足を置くなども、改善方法の一つです。

子宮頸がんの体験談

子宮頸がんとフコイダンの体験

子宮頸がんはこわかった

なんとなく疲労感を感じることが多くなり、体調が気になっていました。
子宮からも少し出血がありましたが、「年齢的に、更年期かな」とあまり深刻に考えないようにしていました。朝から晩まで仕事もしていたので、なかなか病院に行く暇もありませんでした。

しかし、体調は悪くなる一方。「やっぱり体がおかしい!」と、半年以上経ってからやっと病院に行く決心がつきました。

「うちじゃ手に負えないので、紹介状を書きます」と、最初に診てもらった病院から告げられ、大きな総合病院で検査を受けました。

結果は子宮頸がんのステージⅡ。産まれて初めて「この先、もしかしたら…」という恐怖がおそいました。


子宮頸がんがフコイダンで治る

がんの検査後、すぐに抗がん剤治療と放射線治療を始めました。スケジュールは抗がん剤5クール、放射性30回でした。
しかし、抗がん剤の治療は、順調にはすすみませんでした。吐き気・食欲不振などの副作用に加え、免疫力も極端に落ちてしまい、結局3クールで終了することに。

なんとか放射線治療は続けていましたが、体重は39㎏まで落ちてしまいました。筋肉も弱り、脚も棒のように細くなり、自分の体を支えるのも本当にきつかったです。

そんな状況が続いていたある日、親戚からフコイダンの話を聞きました。
直感的に「これだ!」と思いすぐにフコイダンのお店を紹介してもらいました。

フコイダンとの出会い

フコイダンを飲み始めて2か月後の子宮頸がんの検査の日、先生から嬉しい言葉をもらいました。
それは 「ほぼ大丈夫ですよ。一応細胞レベルの検査もしておきましょう」という言葉でした。

さらに「がんが転移していたところも正常になっているようですね。」と言われ、ここで初めて、がんが転移していた事を知りました。
最初の検査のとき、先生は「がんが少しはみ出しているね。」とやわらかく言ってくれたので、がんがそんなに広がっているとは思いませんでした。

リンパ節転移もこの検査で異常なしだということが分かり、体重も5㎏戻りました。
知り合いからは「本当に病気だったの?」と言われる程に。
フコイダンを飲用してから、嬉しいことばかりでした。

知らず知らずに 自分の体を酷使していたことに、がんが気づかせてくれたのかもしれません。

3ヶ月後のがんの検査でも異常なしという診断をいただき、一安心。
でも油断は禁物なので、フコイダンは続けていくつもりです。


子宮頸がんの治療をサポートするフコイダン

△ページトップへ戻る

子宮体がんの特徴

子宮体がんのできる場所

子宮体がんとは子宮体部にできる癌で、近年増加傾向にあります。主には50歳以上の女性に多く、以前は子宮頸がんにくらべ、子宮体がんの割合は少なかったのですが、現在は約5割が子宮体がんという統計が出ています。

原因としては2つあり、一つは女性ホルモンの「エストロゲン」が関係して発生する場合と、エストロゲンとは関係ない原因で発生する場合です。


子宮体がんのリスクが高まる要因

エストロゲンが関与

子宮体がんには、卵巣から分泌される女性ホルモン「エストロゲン」が大きく関わっていると言われています。長期間、エストロゲン単体で分泌されることにより、子宮体がんのリスクが高くなると考えられます。
「妊娠経験のない人」「月経不順・無排卵症状がある(あった)方」はリスクが高くなります。

肥満体の人

皮下脂肪の多い肥満の方は、閉経後も皮下脂肪でエストロゲンが作られるため、子宮体がんのリスクが高まります。肥満の方の中でも、更年期以降の方・若くても無排卵の方は、危険性が高くなります。

子宮体がんの自覚症状

子宮体がんの初期の症状

子宮体癌は初期の段階で症状がみられることがあります。主には「不正性器出血」です。逆に無症状の方が少ないのが特徴です。また若い方では、「月経過多」という症状もよく現れます。月経時の出血量が増えた時は要注意です。

日頃から生理不順の方や更年期症状がある方は、いつもの症状だからと軽視してしまし、がんを見過ごしてしまうこともあります。自己判断せずに、不正性器出血が見られた場合は必ず婦人科で診てもらいましょう。

子宮体がんの検査

子宮がんの手術

子宮体がんは、初期の場合では不正性器出血などの自覚症状があるがんです。症状がでた方は、自己判断せずに、必ず婦人科でがんの検査を受けるようにしましょう。

子宮体がんの細胞診

子宮体がんが疑われる場合、最初に行われる検査です。子宮体部の細胞を採取するため、専用器具で内部をこすったり吸引したりして内膜の細胞を集めます。子宮頸がんの検査にくらべ多少痛みがあり、何日か出血することがあります。


子宮体がんの組織診

細胞診検査で、がんが疑われる場合は、組織診検査を行います。子宮内膜に疑わしい部分を少量採取して顕微鏡で観察し、診断を行います。がんの種類や悪性度なども診断できます。また子宮頸がんの組織診より、少し痛みがあるので局所麻酔をするケースもあります。

子宮体がんの内診

がんがどのくらい広がっているか子宮や卵巣の状態を、腟から指をさし入れて調べたり、また直腸やその周りに異常がないかを、肛門から指をさし入れて調べることもあります。子宮鏡と言われる内視鏡の一種を腟から子宮体部に入れて観察する場合もあります。この検査で、がんの位置や形状を直接確認します。痛みはほとんどありません。

子宮体がんの画像検査

がんの状態を調べるために画像検査を行います。
超音波検査は、超音波を発する器具を腟に入れて、臓器で反射した超音波の様子を画像にして観察する検査です。主に、子宮体部内の様子を観察する方法が用いられます。細胞診や組織診では、内膜の一部しか調べることができませんが、超音波(エコー)検査によって、子宮内膜全体の状態を調べることができます。
CTやMRIを使った検査は、がんの遠隔転移やリンパ節転移を調べたり、周辺臓器へがんがどの程度広がっているのかを診断する場合に用いられます。

子宮体がんの治療とフコイダン

子宮体がんの治療は手術が原則。

子宮全摘出手術

子宮体がんでは、子宮を全部摘出し、卵巣と卵管も切除します。結果的にほとんどの人に手術が行われるので、手術後に摘出してがん組織を検査して病期を判断する方法がとられています。

がんの化学療法 子宮体癌では、Ⅳ期以外はまず手術を行い、その後補助療法として抗がん剤治療として、リンパ節転移やがんが子宮の外まで広がっているⅢ期またはⅣ期の人で、がん手術ができない場合行います。
がんの放射線治療 放射線を体の外から照射する方法(外部照射)が主に行われます。がんが深いところまで達していた場合やがんのリンパ節転移がみられた場合などに行います。
がんのホルモン療法

子宮を残したい女性にホルモン療法が行われるケースもあります。またがんが粘膜内にとどまっている場合では、ホルモン療法だけで治療できることもあります。

子宮体がんの治療後とフコイダン

子宮体がんの手術後はなるべく無理をしないよう心掛けましょう。だいたい1~2ヶ月くらいで、普通の生活ができるようになりますので、まずは家の中で体を慣らして、重いものを持たない、激しい運動はしないなど、お腹に負担がかからないよう気を付けながら生活することが大切です。入浴も、術後一ヶ月くらいはシャワーだけで済ませましょう。

子宮体がんと更年期障害には、フコイダン

閉経前の方が、子宮頸癌の手術時に卵巣を全部摘出してしまうと、更年期症状に似た症状が起こることがあります。
症状としてはのぼせ、冷え、頭痛、発汗などです。もし症状が起きてしまっても薬で女性ホルモンを補い症状をおさえることができます。

子宮体がんと便秘にはフコイダンが効果的

広汎子宮全摘手術(子宮、子宮傍組織、膣、傍膣結合組織、卵巣、卵管、骨盤内のリンパ節など、広範囲を切り取る手術)の後遺症で、排尿障害や便秘になる方がいます。これはがんの手術で排便機能を支配する神経を傷つけるために起こります。しかし近年はがん手術技術の向上により、後遺症がでる人は全体の1/4程度です。また後遺症がでても、排尿障害は排尿訓練で、便秘は下剤で対処できます。

子宮体がんにはむくみがでる

がんが転移したリンパ節を切除すると、リンパ液の流れが滞り、下半身とくに足がむくむことがあります。手術直後にでる方もいれば、しばらくたって出る方もいます。対策としては、長時間立ち続けたり、座ったままの作業は避け、マッサージをしたり、体を動かすようにしましょう。寝るときもお尻より高い位置に足を置くなども改善方法の一つです。

子宮がんについてのフコイダンの資料をお届けします

フコイダンについての資料です

子宮頸がんや子宮体がんの方で、フコイダンを飲まれている方

子宮がんとフコイダンについての相談電話

お名前必須

必須

ふりがな必須

必須

お誕生日必須

必須 日  

性別必須

必須  

お届け先必須

必須
建物名

電話番号必須

必須

メールアドレス必須

必須

確認用メールアドレス必須

必須

現在のご病状必須

必須

資料請求される方と
患者様のご関係

食事法をご希望の理由
(ご病状、現状など何でも結構です)・
ご質問・ご相談


患者様の現在のご症状をご記入頂けましたら、ご症状に合った資料をお届けいたします。


シ子宮がんの手術後をサポートするフコイダン

△ページトップへ戻る


フコイダンの相談ができるショップフコイダン

Copyright © 2014 kurashiikiiki Co.,Ltd. All rights reserved