卵巣がんの治療のサポートにはフコイダン!そして管理栄養士によるお食事栄養アドバイス

卵巣がんとフコイダン


卵巣は大人の親指大ほどの楕円形の臓器で、子宮の左右に1つずつあります。卵巣に発生する腫瘍のうち約85%は良性腫瘍なので、卵巣がんはそれほど多いがんではありません。しかしここ何十年かで卵巣がんにかかる人が多くなっているようです。なかでも、表層上皮から発生する「上皮性がん」が全体の90%を占めています。卵巣がんは初期症状がなく、がんの早期発見がむずかしいがんです。

卵巣がんの特徴

卵巣がんの場所と治療

卵巣がんは「上皮性」 「性索間質性」 「胚細胞性」に大別されます。どの年代にも見られますが、特に40歳以上の閉経後の女性に、このがんは多くみられます。

卵巣がんは、初期の場合、自覚症状がほとんどなく、がんが進行してから、おなかが張る、膀胱(ぼうこう)が圧迫されて尿が近くなる、などの症状に気づき、がんの検査を受ける人が多いようですが、この症状が出たときは、がんが大きくなっている場合も少なくありません。


卵巣がんのリスクとフコイダン

初潮年齢が低い人
お産経験がない人
お産経験が少ない人
閉経が遅い人
これらの方は、女性ホルモンの分泌期間が長くなってしまうことから、卵巣がんが増加している理由と関係があるのではないかと考えられています。
家族に乳がん・卵巣がんの人がいる
近親者に卵巣がんにかかった人がいる方は、いない方に比べて、卵巣がんにかかるリスクが3倍になるといわれています。

卵巣がんの自覚症状

がんの初期の症状

がんの初期の段階ではほとんど症状がありませんので、早期発見が難しいがんと言えます。

がんが進行した状態

おなかが張る、下腹部にしこりや圧迫感を感じる、膀胱が圧迫されて尿が近くなる、便秘になる、などの症状がでます。半数以上ががんが進行した状態で発見されることが多いのが特徴です。早期発見のために、少しでも違和感があれば婦人科を受診するようにしましょう。

卵巣がんの転移にはフコイダンが効果的

卵巣がんが転移しやすい場所は「腹膜」です。腹腔内にがん細胞が種をまいたようにひろがるので、これを「腹膜播種」といいます。さらにがんが胸腔内まで広がり胸水(胸膜)に転移すると、息切れ・呼吸困難や食事がのどを通りにくいといった症状が出てきます。

また、卵巣から離れた臓器に血液やリンパ液の流れに乗ってがん細胞が運ばれ、肺、肝臓、骨、脳へのがんの遠隔転移もみられます。

卵巣がんの検査

卵巣がんの治療にあたって

卵巣がんの内診と治療

卵巣がんは、まず内診を行い卵巣が腫れていないかを調べます。内診で腫瘍があると判断された場合は、次のがんの検査が行われます。

卵巣がんの画像診断と治療

内診で卵巣がんがあると判断された場合は、画像検査を行います。画像検査では、卵巣の大きさや形、がんの有無は確認できますが、そのがんが良性か悪性かは判断しづらい場合があります。また、腹膜にがんが広がっていたとしても、1㎝以下だと画像には写らないのが難点です。最終的には手術で切除した卵巣の組織が悪性のがんかかどうかを調べます。

卵巣がんの腫瘍マーカーと治療

卵巣がんの疑いがある場合は、もっとも感度が高い腫瘍マーカーは「CA125」です。がんの転移がみられる場合は、ほとんどの方がCA125が陽性で、値も非常に高いくなります。ただしCA125の値が高かったとしても卵巣がんの可能性は7割程度で、がん診断や経過観察の目安として用いられることが多いようです。


卵巣がんの治療法とフコイダン

卵巣がんの治療とフコイダンの相性

がんの手術

早期の段階ならば、がんを切除することが可能です。片方の卵巣・卵管を切除するケース、両側の卵巣・卵管・子宮を含めて切除するケースがあります。ただ、卵巣がんは発見された時には、すでにがんが転移している場合が少なくないため、片方だけにがんがある場合でも、転移している可能性があるため、両側の卵巣・卵管・子宮を摘出するのが基本です。完全に摘出することが難しいケースでも、できるかぎりがんを摘出しておきます。
大網(たいもう:胃からぶら下がっている脂肪組織)には、がんは転移しやすいので、転移がみられなくても切除が基本です。

また手術前の検査で、切除は難しいと判断される場合は、はじめに抗がん剤を用いてがんを小さくしてから手術するケースもあります。

がんの化学療法

がんのステージがⅠ、Ⅱ期の場合、手術で癌を摘出した後、取りきれなかったがんを抗がん剤で死滅させたり、再発予防に抗がん剤を使用します。
がんのステージがⅠ期でがんの再発のリスクが少ない方は、化学療法は行わず経過観察だけになるケースもあります。

がんのステージがIII、IV期の場合、症状によってはがんを手術で大部分切除できる場合もありますが、がんが転移して広がっている場合は手術で完全に取りきれないケースも少なくありません。取りきれずがんが残っている人や、がんステージⅡ期の手術では取り切れなかったがんがある人は、残ったがんをたたくため抗がん剤治療が行われます。

がんステージがⅣ期の場合は、がんの大きさによっては手術できないことがあります。がんの手術ができない場合は化学療法を行い、がんを手術可能な大きさまで小さくして、手術を行います。術後さらに化学療法を行う場合もあります。

がんの放射線治療 卵巣がんの場合、最近ではほとんど放射線治療は行われなくなりました。転移(脳や骨など)の症状緩和のため用いることがあります。

卵巣がんの治療後にはフコイダン

卵巣がんと便秘

がんの手術で開腹すると、腸閉塞を起こしやすくなります。便秘は腸閉塞の原因になるので、なるべく便秘にならないような食生活を心がけましょう。食事については、特に制限がない方がほとんどです。食べ過ぎに注意してバランスのよい食生活を心がけるとよいでしょう。

卵巣がんと更年期障害

閉経前の方が、がんの手術で卵巣を全部摘出してしまうと、閉経と同じ状態になります。これは女性ホルモンの分泌が急激に減少するためです。そのため更年期障害と同じような症状があらわれることがあります。症状としては、のぼせ、冷え、頭痛、発汗などです。もし症状が起きたら薬で女性ホルモンを補い症状をおさえることができます。

卵巣がんと足のむくみ

がんが転移したリンパ節を切除すると、リンパ液の流れが滞り、下半身とくに足がむくむことがあります。マッサージをしたり、着圧ソックスやストッキングを利用しむくみを改善しましょう。

卵巣がんの方に、フコイダンの資料をお届けします。

フコイダンについての資料

卵巣がんでフコイダンを飲まれている体験談

卵巣がんと治療、そしてフコイダンの相談電話

卵巣がんの治療についての資料とフコイダンの資料をお届けします

お名前必須

必須

ふりがな必須

必須

お誕生日必須

必須 日  

性別必須

必須  

お届け先必須

必須
建物名

電話番号必須

必須

メールアドレス必須

必須

確認用メールアドレス必須

必須

現在のご病状必須

必須

資料請求される方と
患者様のご関係

食事法をご希望の理由
(ご病状、現状など何でも結構です)・
ご質問・ご相談


患者様の現在のご症状をご記入頂けましたら、ご症状に合った資料をお届けいたします。


卵巣がんの治療をサポートするフコイダン

△ページトップへ戻る


フコイダンの相談ができるショップフコイダン

Copyright © 2014 kurashiikiiki Co.,Ltd. All rights reserved